工業デザインの歴史

工業デザインの歴史は、産業革命はちょうど始まった1900年代までさかのぼります。
工業デザインは、産業の成長で重要な役割を果たして、数年間様々な製品に価値を高めています。

外観を高める芸術と製品の値、工業デザインは20世紀に展開し始めました。
その後の19世紀に、ブランド商品の創造を必要とした消費財産業は、市場での競争のため急速に成長しました。

消費者は家のための高級品と豪勢なインテリア・デザインにさらに費やす準備ができていました。
それらの時代に、工業デザインは明確な本業ではありませんでした。
職人と芸術家は産業経営者によって産業設計の活動に従事されていました。
(その産業経営者は、それらの製品のために原型の開発を促進しました)。

1920年代の間の産業設計の大半が自動車、電気器具、および新発明の分野で行われました。
技術者、もっとも、発明された公衆にとって、役に立つ項目であり、欠かれて、創造性は、これらの製品の外観を高める必要がありました。
工業製品の設計を容易にして、異なった芸術からの訓練された芸術家は、群がって、コマーシャルアートの創造のために雇われました。

インダストリアルデザイナが手腕を見せる変装の機会であると立証された、1929年の大恐慌。
この期間、フレディリック・W.テイラー(本業として機械技師)は向上産業効率で重要な役割を果たしました。

なぜ、原子爆弾が長崎へ投下されたのか…

8月 20
2014

アメリカは当時、早く日本を降伏させ、アメリカ軍の被害を少なくしようと考えていました。
1945年2月のヤルタ会談では、旧ソ連が日本との戦いに参戦することが秘密のうちに決きまりました。
アメリカは、ソ連が日本の戦いに参加する前に、原子爆弾を日本に落し、戦争が終わってから、世界の中で優位に立ちたいと考えていました。
さらにアメリカは、世界最初の原子爆弾を実戦で使用しようし、その効果を測定したいと考えていたようでした。
このような3つの理由から、アメリカは原子爆弾を早く投下したいと考えました。

アメリカは、1945年(昭和20年)4月に、原爆投下を研究する地域として、東京・名古屋・京都・大阪・広島・八幡・佐世保・長崎などを選びました。
これらの都市が選ばれた理由は、たくさんの市民が働いていて、軍需工場が近くにある都市である事でした。
5月になると、その中から、京都・広島・新潟にしぼりました。
しかし、京都は、『古い文化財をたくさん持つ都市』として、投下目標からはずしました。
7月25日には、広島・小倉・新潟・長崎を投下目標とする、原爆投下命令が出されました。
京都が歴史的な理由から、原爆投下目標からはずされ、長崎が原爆投下目標復活しましたのでした。
長崎には、三菱重工長崎造船所があり、世界最大の戦艦『武蔵』などが作られ、軍事的な意味からも長崎に原子爆弾を落とす事は必要でした。
しかし、当時長崎の人口は約25万人と、アメリカ軍にとっては、原子爆弾の威力を確かめるには、少し小さすぎる町でした。

8月2日の原爆投下作戦命令書には、攻撃する日を「8月6日」にすること、第1攻撃目標を「広島市中心部」、第だい2攻撃目標を「小倉市中心部」、第3攻撃目標「長崎市中心部」とし、投下条件として、目視投下のみとしています。
これは、原爆が爆発した時の様子を、記録するという必要性からでした。
8月6日には、第1攻撃目標の広島に原爆が落とされ、その威力が凄いものである事が確認されました。

そして運命の8月9日、第2攻撃目標である九州小倉に向かったボックスカーは、天候のために、目標を第3攻撃目標ある長崎に急きょ変えなければならなくなったのです。

このように、運命のいたずらにより、長崎が2発目の投下目標都市に選ばれたとの事です。

今にも残る歴史的な事件。
事件と言う形では済ます事の出来ない、大きな出来事…。
戦争は繰り返してはなりませんね。それ以前に日本が天狗になり、世界的に軍事力を広げていった罰とも言えると思います。

 
SEO対策は大阪のらくちんSEO。ホームーページ診断でサイトチェック!成果報酬型で最適なキーワードを提案します。

迷いの中で生まれる「自衛権」今、その意味を問われています。

8月 18
2014

最近、ニュースで話題になっているのは、集団的自衛権

この言葉の聞こえは良い意味に聞こえたりもしますが、実際に日本国民にとってど
のような印象を与えているのでしょうか?

「集団的自衛権」「個別的自衛権」があり、いったい何が違うのか…。

根本的なところは、どちらも守るという事を中心に考えるといったところでは同じ
です。
今、問題になっているのは、その違いに関しての価値観が問われています。
「集団的自衛権」

自国では無く、グループを作り、その仲間の国が攻撃されたら、自国が攻撃された
と考え、仲間の国と一緒になって攻撃してきた国と戦うといった権利です。

「個別的自衛権」

自国に対して攻撃してきた国から、防衛の為に攻撃手段を取る場合のある権利です

第二次世界大戦後に日本が約束した事がきちんと守られているのか、そういった点
が問題となっています。

何を言っても平和を目指す為に必要な武力。
誰が悪い訳でも無いのに、戦うと言った手段を選ぶ。

先進国だからこそ必要になってくる事だと思います。

 

浮気調査は信頼できる探偵会社へ。神戸・姫路の探偵、堀内調査事務所

未だ大きな爪あとを残している戦後最大のメディア犯罪

8月 12
2014

8月5日の某新聞会社は、1面と16~17面を費やして慰安婦問題の特集を組み、中でも注
目されたのは、「慰安婦は強制連行された」と主張した根拠である吉田清治の話を「
虚偽だと判断し、記事を取り消します」と明確に訂正し、慰安婦が「女子挺身隊」だ
ったという事実誤認も訂正した事でした。

社としての謝罪はありませんし、1面では杉浦信之編集担当役員が「慰安婦問題の本質
直視を」という署名記事を書いてあり、1982年から吉田の嘘を16回も報道しながら
訂正しなかった新聞が「本質を直視せよ」という厚顔ぶり…。

本質を直視すべきなのは、この記事を取り上げた某新聞会社だと思います。

これは偶然にも世の中に出回るからこそ、大きく取り上げられていますが、会社だけ
ではなく、人が生きていく中でひとり、ひとり大きな問題を抱えていると思います。
難しい事からは、現実逃避をし、楽な方や楽しいと思える生き方を選ぼうとします。

真実を受け止め、今抱えている問題を終わらせようと思うなら、現実を受け止める事
が、会社だろうが、人ひとりだろうが変わりないと思います。

今後も、さらなる問題が生じるはずです。

国をまたいで始まっている問題なので、そう簡単には解決しないでしょう…。

少しでも早く問題解決出来ればと思います。
車両系建設機械の免許取得を目指すならコベルコ教習所新潟教習センター

意志の強い人達の心理

8月 09
2014

この世の中を生きていくには、さまざまな見えないモノを戦う気持ちを強く持つ必要があります。

人間の中で「欲望」と言う二文字は絶対につきものですし、いかに自分の中でコントロール出来るかが、決め手となると思います。

「明日からダイエットします」なんて事はよく耳にしますが…実際問題、ダイエットなんて、今日からとか明日からとか、仕切りを決めて始めるものではなく、きっちりとしたプランを立てて進めている人は、人に対してアピールなどはしないと思います。
ギャンブルに対しても同じ事が言えると思いますし…。

【意志の強い人達】と言うのは一見、頑固者の様な感じに捉えられたりもしますが、本人の考え方がしっかりとブレないと言う言い方をすれば、社会、会社にとっては有力な人間だと考えられると思います。
何かを得たり失ったりする事ではなく、自分自身の実力で勝ち取るもの。
過程ではなく結果で判断する。そのわかりやすいゴールに向かって一直線に走ります。

1. 意思の強い人は、自分自身を可哀想だと思わない。
2. 意思の強い人は、他人にコントロールされたと考えない。
3. 意思の強い人は、変化を恐れない。
4. 意思の強い人は、自分の力が及ばないことにエネルギーを注がない。
5. 意思の強い人は、周りの全員から良く見られるように気をつかったりしない。
6. 意思の強い人は、メリットとデメリットがはっきり分かっていれば、リスクがあっても挑戦する。
7. 意思の強い人は、過去の思い出の中に生きる、ということがない。
8. 意思の強い人は、同じ過ちを何度も繰り返さない。
9. 意思の強い人は、他人の成功を妬まない。
10. 意思の強い人は、最初の1回で失敗したからといってあきらめない。
11. 意思の強い人は、独りでいることが平気。
12. 意思の強い人は、「生まれながらにして与えられているものは何もない」と考える。
13. 意思の強い人は、結果がすぐに現れるとは思っていない。
簡単に出したものですが、これだけ完璧にこなしていれば、意志のかたい人だと言えるでしょう。ですが、ワガママだとか言われる可能性も高くなります。
自分で意志の弱い人間だと思うなら、この項目から2,3つくらいを目標にしてみてはいかがでしょうか?
神戸の浮気調査はおまかせ!安心の料金システム。堀内調査事務所へご相談ください

ダラダラ長い会議を簡潔に済ませるために必要なこと.

8月 07
2014

会社での会議では、始まる前と終わった後では空気感が全く別のものですよね。それもそのはず…。
張り詰めていた緊張感が一気に解き放たれる分けですしね。

ほとんどの会社では部署のみでの会議があり、その他に幹部のみを集めた大きな会議があります。

そうした会議でも、時間を気にして長いなと感じる様な事はありませんか?

ある会社では長い会議の時間を短縮するために、対策を考えたといいます。予め用意するレジメはもちろん、その他に質問事項を全てアンケート用紙に纏めておくという方法をとりました。
個人的な質問があれば、後々連絡し、詳しい事を確認すれば良いよいう体制で、大勢の前での質問は必要ないといった考えです。

用意するのに少し時間はかかりますが、実際問題で会議中の時間と、会議の為に資料を作成する時間にはさほど変わりはありません。

それなら、毎日少しずつでも資料作りをして、混み合っている会議をサッパリ終わらせてしまった方が効率も良いですよね。

この、アンケート用紙は他にも、コミュニケーションツールとしても活用されており、上司には言いにくい事も用紙を通す事で伝えやすくなり、会社全体の雰囲気も良くしていこうと改善策にも使われています。

伝えなきゃ行けない文面、内容は多々あると思いますが、少しでも働いている人のテンションなどを保つ為に考えられた方法だと言えるでしょう。

ですが、メリットばかりではありません。デメリットだって沢山あると思います。すぐに確認して、聞いておかなければならない事だってありますし、どんな事でもプロジェクト、企画に対しては時間をおしまず使っていきたいはずですよね。

 

ガス溶接・アーク溶接の免許が取れる教習所はコベルコ教習所

また、この日がやってくる。

8月 05
2014

タイトルでの通り不思議な言葉の意味を持っているなと思ったので、今回記事にあげてみました。内容は読んだ人しか分からない、又はその現場を体験した人にしか分かり得ない…そんな悲惨な状況。

【また、この日がやってくる。】

一部をご紹介します。

(本文)
1945年8月9日、ソ連が突如として日本に宣戦布告し、満州、樺太、千島列島などに攻め入ってから69年目の夏である。

ソ連の対日宣戦布告に合わせて攻め入ったモンゴル軍兵士

同じ日、モンゴル人民共和国の兵士たちも、国境を越え、日本が支配する中国側へと攻め入っている。

モンゴルでは「解放戦争」と呼ばれるこの戦争に参加したソ連・モンゴル連合部隊の人員は4万2000人。モンゴル兵士のみの数は残念ながら分からなかった。

日本側でノモンハン事件、モンゴル側でハルハ河戦争と呼ばれた1939年の戦いに参加したモンゴル兵士の数は8775人(当時の全兵力の半数以上)であり、その後増加し、1945年7月には臨時に召集された兵士を含め総人員は4万1000人に上った。

やはり半数を振り分けたとしても多く見積もってもこの数の5割に満たない程度である。実際はもっと少なかったであろう。

この戦争、日本から見れば、ソ連が不可侵条約を破って始めた不正義な戦争であるが、この戦争に参加するモンゴル人たちから見れば別の形にこの戦いが見えていた。日本の支配下にあるモンゴル人同胞の解放である。

『ロシア・モンゴル間の軍事協力(1911-1946)』(モスクワ・ウランウデ、2008)なる本によれば、ソ連・モンゴル連合軍の作戦準備の命令は6月28日に出されている。

8月1日にはソ連から司令官としてプリエフ大将が派遣され、8月5日には、作戦に関わる部隊が国境近くで配置につかせるよう指令されている。8月7日には国境への配備が完了し、8月9日0時(ザバイカル地域での時間、モスクワでは8月8日18時)に作戦開始との命令が伝えられた。

(公文書によれば、モンゴル人民共和国の戦線布告は8月10日である。もともとの作戦計画ではモンゴル軍のいる部隊は、ソ連の作戦開始2日後に行動開始となっていたために布告が遅れたようである)

モンゴル人が多く参戦した地域は、満州国南部や蒙疆自治政府のあった地域である。2010年、この戦争から65年目を記念してウランバートルで出版された『1945年解放戦争の英雄たち』には、司令官や将校たちだけでなく、この戦いで数々の軍功を立てた人々や、戦いで倒れた人々の回想が寄せられている。
(中略)

ここまでの記事の内容であっても内容の詰まった話だと感じる事が出来ます。
どんな感想文にも載っていない。
まさに現実がそのまま載せられたものだと言えると思います。
何ごとも争う事は繰り返さない事が1番ですよね。
今、平和だと感じているのも、過去にこうした出来事があったからこそ、教訓から学んでいるからこそだと思います。

 
移動式クレーンの免許取得を目指すならコベルコ教習所市川教習センター

宇宙日本食

4月 18
2014

u18231071 宇宙日本食

今回、国際宇宙ステショーンで、船長となった若田光一宇宙飛行士の船内食、宇宙食について調べてみました。

若田光一氏
第39次長期滞在、船長としての任務

ISS滞在中のクルー全体の指揮官として1名任命され、ミッション実施の司令塔、クルーの作業状況や健康状態の把握、緊急事態における状況の把握と一時措置の対応などに責任をもちます。コマンダーとして、滞在前の訓練から仲間のクルーをけん引しているようです。

「宇宙日本食」
宇宙食の中でも、日本のものは、宇宙日本食と呼ばれています。

宇宙日本食は、食品メーカーが提案する食品をJAXAが評価し、宇宙食としての認証するものをいうようです。

日本の宇宙飛行士に、日本食の味を楽しんでもらい、長期滞在の際の精神的ストレスを和らげるために開発されたそうです。
これにより、仕事の効率維持・向上につながるかもしれないですね。

宇宙日本食「カレー・ラーメン・イワシのトマト煮など」
幅広くあります。

宇宙でも、日本食が食べられ、もしかすれば、わたしたちが未来宇宙旅行にでも行けるようになったら、宇宙日本食が食べられるかもしれないですね。

ガス溶接・アーク溶接の資格・免許取得ならコベルコ教習所尼崎教習センター

日本の捕鯨文化

4月 16
2014

kujira

皆さんクジラを食されましたか?

今回、国際連盟で反捕鯨派が勝ちましたね。それによってですが、日本の捕鯨に関して窮地に追い込まれないか心配です。

日本は、古来からクジラを食す文化があります。

kujira1

712年から古事記の中で、神武天皇にクジラが献上されたという記述があります。

鯨肉は戦国武将の友好のための贈答品とされたり、食材の格付けとして魚の中で最高位にあった事など高い評価を受け、正月や節季など縁起に係わるものとしての地位を有した点からすると、食文化として大切であるとされていたそうです。

今は、捕鯨ができにくいため、食卓には出にくいと思われますが、食材の格付けとして魚の中で最高位にあった事など高い評価を受け、正月や節季など縁起に係わるものとしての地位を有した点からすると、食文化として大切であるともいえますね。

今回は、南半球での捕鯨が禁止されただけなので、当分は大丈夫なように思われますが、決議が捕鯨禁止の判決に至ったので、他の場所も難しくならなければ良いなと感じました。

皆さんは、日本のクジラの食文化について、どう感じられたでしょうか?

kujira2

ガス溶接・アーク溶接の資格はコベルコ教習所尼崎教習センターへ

若者のリスク回避

4月 14
2014

皆さんリスクがあると分かれば、避けますよね。
今、若者がリスク回避する人々が増えているそうです。

個人的な体験や印象批評ではなく、各種の実験に基づいた客観的なデータをもとに「日本的なるもの」に切り込んでいる社会心理学者、山岸俊男北海道大学教授は、実験を通して「日本人はどんな場合でも他人から非難される可能性があることを避けようとする傾向が高い」と指摘すし、リスクに背を向ける人たちの唾液を採取して分析すると、ストレスホルモンの分泌が高いと言われています。

社会が最先端にいくなか、取り残されないように世渡りをするのは、とてもストレスがかかりますよね。
政治ではこの変わりゆく社会に応じて対応しているかといえば、そうでもない。政治を変えようとするかといえば、若者は選挙に行かない。
若者は、受け身であるといえます。

相互依存性が高いとされてきた日本人は、安心社会から信頼社会への移行という巨大課題に直面しているが、従来の安心社会から脱皮するためには、独立した「個人」をどう育てていくかが最重要課題であると考えられ

若者は、「他人からどう思われようが、自分の生き方に自信があるようです。」

経済社会学者である橋本努北海道大学教授は、「ニヒルな態度で市場社会に適合しているが、満足できるコミュニテイを見いだすことができず、むしろたくましい個人として生きていくほかはないという意識をもつ若者像が浮かび上がる」と力説します。

定年制がなくなり、若者のライフステージが変わらざる負えなくなり、リスク回避につながっているのではないでしょうか。

ここは、若者でもライフステージが「いいものにする」ためには、政治が解決すべきところなのではないでしょうか。

私は、ライフステージをよりよくするために政治を考えなければならないと感じました。

皆さんはどのように思われましたか?

松和メンテナンスは、安心・安全な施設運営と確実な保守・保全で効率的な運転管理、機器保守整備を行います。

女性の社会進出

4月 10
2014

今まで、女は家庭を守るべきとされていた時代がありましたが、男女雇用均等法により、
打破されたかに見えましたが、やはり時代はまだまだ男性社会のようで。

女性が管理職にまでなる方がいても、未婚だったり既婚者でも、子供がいなかったりという現実は、まだありますね。

総理は、女性を働く現場に返そうとしていますが、どうでしょうか?

確かに子供を産み、育てながら会社の労働者としてうまくいってるのは、地方の方が率的に高いのはご存知ですか?

都心では、慢性的に保育機関が不足していますし、労働条件もいいとは言えません。

この状態で、女性を労働者として雇い入れる会社があるでしょうか?

家事や保育園のお迎え、残業ができなかったり、子供の体調次第で帰らざる得ない状況で、本当に社会は受け入れられるのでしょうか?

私は、まだ問題がやまずみのように感じます。
なぜなら、その方が休みを取った時に代わりの人の仕事が増えたりなど、人間関係にも問題が生じてくると思うからです。

政治家に求めることは、これらの現状を解決に導き、なおかつ、子供を産みながらでも、社会労働者として、受け入れられる会社が増えていくことを私は望みたいです。

皆さんは、どのように考えられましたか?

ガス溶接・アーク溶接の免許が取れる教習所はコベルコ教習所