工業デザインの歴史

工業デザインの歴史は、産業革命はちょうど始まった1900年代までさかのぼります。
工業デザインは、産業の成長で重要な役割を果たして、数年間様々な製品に価値を高めています。

外観を高める芸術と製品の値、工業デザインは20世紀に展開し始めました。
その後の19世紀に、ブランド商品の創造を必要とした消費財産業は、市場での競争のため急速に成長しました。

消費者は家のための高級品と豪勢なインテリア・デザインにさらに費やす準備ができていました。
それらの時代に、工業デザインは明確な本業ではありませんでした。
職人と芸術家は産業経営者によって産業設計の活動に従事されていました。
(その産業経営者は、それらの製品のために原型の開発を促進しました)。

1920年代の間の産業設計の大半が自動車、電気器具、および新発明の分野で行われました。
技術者、もっとも、発明された公衆にとって、役に立つ項目であり、欠かれて、創造性は、これらの製品の外観を高める必要がありました。
工業製品の設計を容易にして、異なった芸術からの訓練された芸術家は、群がって、コマーシャルアートの創造のために雇われました。

インダストリアルデザイナが手腕を見せる変装の機会であると立証された、1929年の大恐慌。
この期間、フレディリック・W.テイラー(本業として機械技師)は向上産業効率で重要な役割を果たしました。

宇宙日本食

4月 18
2014

u18231071 宇宙日本食

今回、国際宇宙ステショーンで、船長となった若田光一宇宙飛行士の船内食、宇宙食について調べてみました。

若田光一氏
第39次長期滞在、船長としての任務

ISS滞在中のクルー全体の指揮官として1名任命され、ミッション実施の司令塔、クルーの作業状況や健康状態の把握、緊急事態における状況の把握と一時措置の対応などに責任をもちます。コマンダーとして、滞在前の訓練から仲間のクルーをけん引しているようです。

「宇宙日本食」
宇宙食の中でも、日本のものは、宇宙日本食と呼ばれています。

宇宙日本食は、食品メーカーが提案する食品をJAXAが評価し、宇宙食としての認証するものをいうようです。

日本の宇宙飛行士に、日本食の味を楽しんでもらい、長期滞在の際の精神的ストレスを和らげるために開発されたそうです。
これにより、仕事の効率維持・向上につながるかもしれないですね。

宇宙日本食「カレー・ラーメン・イワシのトマト煮など」
幅広くあります。

宇宙でも、日本食が食べられ、もしかすれば、わたしたちが未来宇宙旅行にでも行けるようになったら、宇宙日本食が食べられるかもしれないですね。

ガス溶接・アーク溶接の資格・免許取得ならコベルコ教習所尼崎教習センター

日本の捕鯨文化

4月 16
2014

kujira

皆さんクジラを食されましたか?

今回、国際連盟で反捕鯨派が勝ちましたね。それによってですが、日本の捕鯨に関して窮地に追い込まれないか心配です。

日本は、古来からクジラを食す文化があります。

kujira1

712年から古事記の中で、神武天皇にクジラが献上されたという記述があります。

鯨肉は戦国武将の友好のための贈答品とされたり、食材の格付けとして魚の中で最高位にあった事など高い評価を受け、正月や節季など縁起に係わるものとしての地位を有した点からすると、食文化として大切であるとされていたそうです。

今は、捕鯨ができにくいため、食卓には出にくいと思われますが、食材の格付けとして魚の中で最高位にあった事など高い評価を受け、正月や節季など縁起に係わるものとしての地位を有した点からすると、食文化として大切であるともいえますね。

今回は、南半球での捕鯨が禁止されただけなので、当分は大丈夫なように思われますが、決議が捕鯨禁止の判決に至ったので、他の場所も難しくならなければ良いなと感じました。

皆さんは、日本のクジラの食文化について、どう感じられたでしょうか?

kujira2

ガス溶接・アーク溶接の資格はコベルコ教習所尼崎教習センターへ

若者のリスク回避

4月 14
2014

皆さんリスクがあると分かれば、避けますよね。
今、若者がリスク回避する人々が増えているそうです。

個人的な体験や印象批評ではなく、各種の実験に基づいた客観的なデータをもとに「日本的なるもの」に切り込んでいる社会心理学者、山岸俊男北海道大学教授は、実験を通して「日本人はどんな場合でも他人から非難される可能性があることを避けようとする傾向が高い」と指摘すし、リスクに背を向ける人たちの唾液を採取して分析すると、ストレスホルモンの分泌が高いと言われています。

社会が最先端にいくなか、取り残されないように世渡りをするのは、とてもストレスがかかりますよね。
政治ではこの変わりゆく社会に応じて対応しているかといえば、そうでもない。政治を変えようとするかといえば、若者は選挙に行かない。
若者は、受け身であるといえます。

相互依存性が高いとされてきた日本人は、安心社会から信頼社会への移行という巨大課題に直面しているが、従来の安心社会から脱皮するためには、独立した「個人」をどう育てていくかが最重要課題であると考えられ

若者は、「他人からどう思われようが、自分の生き方に自信があるようです。」

経済社会学者である橋本努北海道大学教授は、「ニヒルな態度で市場社会に適合しているが、満足できるコミュニテイを見いだすことができず、むしろたくましい個人として生きていくほかはないという意識をもつ若者像が浮かび上がる」と力説します。

定年制がなくなり、若者のライフステージが変わらざる負えなくなり、リスク回避につながっているのではないでしょうか。

ここは、若者でもライフステージが「いいものにする」ためには、政治が解決すべきところなのではないでしょうか。

私は、ライフステージをよりよくするために政治を考えなければならないと感じました。

皆さんはどのように思われましたか?

松和メンテナンスは、安心・安全な施設運営と確実な保守・保全で効率的な運転管理、機器保守整備を行います。

女性の社会進出

4月 10
2014

今まで、女は家庭を守るべきとされていた時代がありましたが、男女雇用均等法により、
打破されたかに見えましたが、やはり時代はまだまだ男性社会のようで。

女性が管理職にまでなる方がいても、未婚だったり既婚者でも、子供がいなかったりという現実は、まだありますね。

総理は、女性を働く現場に返そうとしていますが、どうでしょうか?

確かに子供を産み、育てながら会社の労働者としてうまくいってるのは、地方の方が率的に高いのはご存知ですか?

都心では、慢性的に保育機関が不足していますし、労働条件もいいとは言えません。

この状態で、女性を労働者として雇い入れる会社があるでしょうか?

家事や保育園のお迎え、残業ができなかったり、子供の体調次第で帰らざる得ない状況で、本当に社会は受け入れられるのでしょうか?

私は、まだ問題がやまずみのように感じます。
なぜなら、その方が休みを取った時に代わりの人の仕事が増えたりなど、人間関係にも問題が生じてくると思うからです。

政治家に求めることは、これらの現状を解決に導き、なおかつ、子供を産みながらでも、社会労働者として、受け入れられる会社が増えていくことを私は望みたいです。

皆さんは、どのように考えられましたか?

ガス溶接・アーク溶接の免許が取れる教習所はコベルコ教習所

モノの考え方は角度を変えてみれば、開けてくる!

4月 08
2014

 

「資源の宝庫」「日本」「コストダウン」

③ びっくりドンキー

海外の資源を頼って成り立つ日本のエネルギー事業では、なかなか理解を得る事が出来ないのかもしれません。
ですが、原油価格が今後も高騰し続けるのは間違い無く避ける事は出来ないでしょう。日本に眠るエネルギーと言うのは本当に無いのしょうか?

そこで、日本の中で考えているのは「国内でエネルギー資源として使える物は活用しよう。」こうした理論が始まっています。

外食産業のアレフ(札幌市)はエネルギーの産地消企業の代表企業の1つです。その取組を簡単にですがご紹介します。

「お客様に驚きを与えていきたい」

岩手県の盛岡市、当初はハンバーガーが中心で、本場が米国と言う 事でお店の名前には米国の有名キャラクター名を起用していました。公認か、非公認かは定かではありませんが…
ですが、問題が起きない訳がありません。この企業が日本に進出してくると言う話を聞きつけ、これではダメだとなり、店名を変更する事になりました。

① びっくりドンキー

人を驚かせる事に何よりも喜びを感じていた創業者は「びっくり ドンキー」と言う店名を思いつきました。
お客さんにはびっくりしてもらいたいと、「びっくり」と言う言葉をそのまま使ったみたいです。

一方の、ドンキーは英語でロバの事です。ロバの様に着実に一歩ずつ前進していきたいと言う意志を表現しているそうです。

お客さんとびっくりさせたいと言う創業者の思いは、店舗づくりにも良く表れています。合理的、機能的デザインが追求されている一般のファミリーレストランと大きさは異なり、外観も店内に入ってみれば、何か異様な空間のように思える。

② びっくりドンキー

実は、創業者のこうした思いが、環境経営にも影響していて、見かけだけではなく、経営でも何か斬新で人々の役に立つ様な事は出来ないのかと考えました。

アレフ環境部の方は

「亡くなった先代の社長は世界中を飛び回って、世の中の役に立つ新しい取り組みを見つけていこうと言い、次から次へ取り入れる考えをしめしていました。」

と言う風に語られてました。

常に新しい事への挑戦をし続けた結果が今の「びっくりドンキー」今後さらなるびっくりを見せてくれる事でしょう。

今夜、久しぶりに行ってみますか??

防犯カメラ、監視カメラの導入、設置は大阪のヨドックにお任せ下さい。オフィス、店舗、工場、マンションの防犯対策に。

医療界のIT革命

4月 04
2014

皆さん健康維持できていますか?

最近では、医療界もIT革命が起こっているようです。電子カルテなどから、会計に至るまでさまざまですが、これからは
患者さんを自宅で診察できるようになるかもしれませんね。

ITの普及といえば、予防・診断・治療だったのですが、

「ヘルスケア新興企業」
予防領域では、Medisena社が、ユーザー自身が血糖値や血圧、体温などを測定するためのセンサーとアプリケーションを組み合わせたシステムを開発しました。

診断や治療といった従来のヘルスケア業界のプレイヤーが得意としてきた領域での取り組みも増えてきました。

スイス連邦工科大学が、タンパク質や有機酸に反応する酵素センサーを体内に埋め込み、生体情報を医師に伝導するデバイスを開発中です。

チップが埋め込まれたデジタル錠剤が発する信号を、患者さんの皮膚上のパッチが受信し、それをスマートフォンのアプリやモバイル機器などに送信することで服薬されたことを確認するシステムです。中枢神経系疾患の治療を受けている患者さんの服薬状況の確認などができるようになっていくことでしょう。

皆さんの健康が保たれるよう努力しているようです。

近未来的な医療が、今までは映画や漫画だけの世界でしたが、そういった時代もすぐ目の前に来ている様に思えます。
どんな事でもコンピューターで管理し、解決されています。
また、今後の問題でコスト的なところも影響していくはずです。
発展はいいことですが、皆さんいかがでしょうか?

企業紹介動画・会社紹介動画・商品紹介動画を格安で撮影します!

なぜ、会社に貢献できるのか

4月 02
2014

今回は、アサヒビールに着目してみました。

日本企業は、これまで年功序列・終身雇用といった仕組みを取ってきましたが、最近では、その影もないくらいですね。

社員として、不安な日々を送っていたのではないでしょうか?

アサヒビールでは、愛社精神という物を大切にしているようです。
丸山高見執行役員人事部長は「当社はよく体育会的と言われますが、誠実で熱い人間が多く、集団になるとすごい力を発揮してくれる。それから愛社精神が非常に強い。調査をすると会社と経営者に対する信頼感が図抜けて高い。社員自身、経営者が自分たちのことを大事にしてくれていると感じていることが大きい」とのことです。

愛社精神を支えているのは、福利厚生・社員が自由に物件を選べる社宅制度・旅行や教育などの福祉メニューなど他社と比べるとあきらかに手厚そうです。
それが一つ違う点でしょうか。

もう一つは、数十年続けている(ブラザー・シスター制度)
ですね。
新入社員に先輩がブラザーとしてつき、公私にわたり面倒や相談にのってもらえるという仕組みです。

初めての社会人として始まるときに、先輩がアドバイスしてもらえるなんて、とても安心できるのではないでしょうか。

丸山高見執行役員人事部長は
「ブラザー自身も先輩に教えられ、勇気づけられた経験を持っており、やりがいを感じて応募します。期間中はブラザーが責任を持って研修の手配も行い、自分の教え子なのでしっかり教えてくれとブラザーが窓口となって他の部門に依頼します。新入社員がいつもどんな状況にあるか日誌なども全部見て常にチェックし、何でも聞ける兄貴的存在になります」とのこと。

担当する期間は、4か月程度ではありますが、そこでのつながりは一生の付き合いに発展するそうです。

丸山高見執行役員人事部長は
「社員は先輩の真似をして育ちます。私自身、先輩にさんざん世話になったし、つきあいは今でも続いています。会社が好きなのは、人間集団が好きということでもあります。いつも先輩、同僚、後輩の顔が浮かんできますし、彼らに大変世話になりながら経験を積みました。その原点がブラザー制度なのです」らしいです。

しかし、新入社員なら新しいことが山ほど待っていますよね。失敗もつきものです。

しかし、アサヒでは、減点にならないそうで、
丸山高見執行役員人事部長は
「失敗しなければ本当の力はつきません。10個挑戦すれば7つや8つは失敗するものです。いちいち減点していたら成長しないし、評価を下げることもしない。失敗を恐れずに伸び伸びと成長してほしいという考えです」とのこと。

処遇制度ではどうかといいますと、
「能力給」をとりいれてはいますが、能力評価は、(新しいこと・やり方のチャレンジし続けることを支援・自立した個人に成長することを支援・志と強い気概・信念を持ち計画をやりぬいていくことを支援)その結果、業績のみの審査ではないようです。

じっくりと社員を育成していく姿勢がみられます。

しかし、自分が若く、後輩が
上の年齢にまってしまうということもありますよね。

丸山高見執行役員人事部長は
「目上の人を上手に使える人間こそ伸びると思っています。若い管理職に常に言っているのは、ものの言い方に気をつけろ、年上というのは絶対的価値であり、君たちは業務の遂行能力などで評価されたかもしれないが、人間の価値とは別に何も関係ないと。年上の部下に対しても、もちろん言いたいことは言わないといけないが、丁寧に接してモチベーションを上げて、一緒にやってもらうような状況をつくる人間が上位に進めると言っています」ということです。かなり難しいかなと、私は思うのですが。今や当たり前なのかもしれませんね。

ここまで、考えられているのでは、社員の方も愛社精神がはぐくまれていくのも納得でですよね。

皆さんの会社ではいかがでしょうか?

ホームページの多言語化・翻訳なら大阪のヨドック!英語・中国語・韓国語等対応言語多数!

建築照明とは?

3月 31
2014

img_entry_04 img_entry_05

皆さん明るい職場で仕事をされていますか?

今、照明デザイナーという職業が存在しています。

照明デザイナーとは?
舞台照明・プロダクトデザイナー(工業製品)・照明器具をデザインするなどです。

今回は、都市空間や、建築空間の証明デザインを紹介したいと思います。
照明デザインの仕事で社会的に知られているのは、スカイツリーではないでしょうか。六本木ヒルズのライトアップなど。

岩井達弥さんに焦点を絞ってみました。

岩井市の父は、建築家で、幼少期から遊び道具としていたとこと。

「小学校3年のときにオリンピックがりました。その当時、東京は建築ラッシュでしたね。夏休みには、丹下さんがデザインした代々木競技場のもけいを作りました。
そのころから建築に興味があったのかもしれませんね。」

「当時、日本では建築照明デザインをやってる人はほとんどいませんでしたが、欧米では建築照明デザイナーが注目され始めていた時期だったんです。日本でも数年後には間違いなく注目されるだろうと思いました。」と、岩井氏。

形式ばったプレゼンテーションができない照明デザインをどうやってプレゼンテーションするのでしょうか?

最近では、CG・手書き・レタッチソフト(画像に高度なイラストレーシょンやコンピュータグラフィックなどを作成することが可能)でプレゼンテーションをするそうです。

お客様には、模型が一番だそうです。

照明デザインの最近のトレンドがあります。
LEDです。
LEDはいろを変えたり、色をつけたり容易だそうです。

今後の建築デザインは、照明と映像の融合が進んでいくみたいで、

「メディアファサードという、建築物の外側に映像が出る装置を前面に取り付ける技術が可能になっていますね。」と、岩井氏。

これから、どんどん建築物のライトアップが出てくるかもしれないですし
空間照明など、ありとあらゆる面で、私たちと、関わりが出てきますね。

皆さんいかがでしたか?自分の近くの照明がデザインされると、綺麗になりますね。
もっと身近になればいいですね。

ホームページSEO対策のことなら成果報酬制でわかりやすいらくちんSEO

今や、年間100億枚を必要とされている食べ物!!

3月 28
2014

海苔ダウンロード

日本だけではなく、世界的にひろがっている食べ物があります。それが「海苔」です。
回転寿司やコンビニおにぎりの人気も手伝って、海苔の生産高は今や年間100億枚!

そこで今回は「海苔の文化」

 

皆さん海苔は好きですか?
もう当たり前のようにある海苔ですが、徳川家康が初めて民衆に広め食べ始めたのをご存知でしょうか。

徳川家康が食したのは、「浅草海苔」ですが、江戸の名物として売り出されたそうです。

1764年~1780年に発行された料理本には、浅草海苔を使った料理が書かれています。
吸い物・巻き寿司・かけ蕎麦に焙った浅草海苔を散らした「花巻」など。

食文化ができたとはいえ、海苔は高級品だったそうです。そこに、イギリスの藻類学者の「キャサリン・メアリー・ドリュー」という女性が海苔の生態を解明して、九州大学の(故・瀬川宗吉)教授に伝えたことで、熊本の試験場で人工苗の研究がされました。

それまでは、春になって水が温かくなると海苔の胞子は海中を浮遊し、岩場などに付着して冬を待つのだとおもわれていたそうです。

実際は、海苔の胞子は春に貝殻の中に潜りこみ、中で成長しながら夏を過ごし、秋口に外に出て海中を浮遊して着床先を探すらしいのです。

1964年に九州大学は、人工タネ付けを成功させ、海苔産業は発展したそうです。

海苔の栄養分はたんぱく質(多くのビタミンや、カルシウム、ミネラル、エイコサペンタエン酸、タウリン)と炭水化物(食物繊維)です。

アンチエイジングには最適な食材です。
皆さん食されてはいかがですか?
移動式クレーンの免許取得を目指すならコベルコ教習所市川教習センター

「文化の壁」「言葉の壁」を越えて…

3月 26
2014

鹿鳴家英楽

 

趣味に情熱を傾け、仕事との融合。

世の中でこんなにも難しいと思う事は他にどんな事があるだろうか?
仕事でも、無理難題を上司から言われる事だってありますよね?でも、実際問題で冷静になって考えて見れば「自分の好きな事を続ける」こういった事が一番むずかしいと思えます。

人にはそれぞれ「趣味」と呼ばれるものがあります。個人差はありますが…。
何よりも、ソコへ時間とお金をかける事が一番むずかしいと思います。小さい時にメディアへの憧れを抱き、お金も時間も費やした青春時代があったり、頑張った結果が無残な現実へと変わって行く人もいます。

今回のピックアップは「趣味をお金に変える」と言った事です。

この点、趣味と仕事をうまい事組み合わせて近年で ブレイク しかけているのが、落語家の鹿鳴家英楽(かなりや・えいらく)こと、須藤達也さん(55)です。

この方の本職は英語の先生です。自分の職場でもある大学で、「英語落語」を続け、学校を中心としながら各地で公演を続けています。

ブランティアでの公演も多いので、純粋なプロの仕事とは、言えませんが、海外協力事業団の落語を知らない外国人研修生などに、聞かせたり、各地の学校などで公演したりと幅広い分野からお呼びがかかっています。

もとはプロの落語家を講師に招いて落語教室を開く中で、これとは別に須藤さん本人が講師を務める「キャナリー英語落語教室」をつづいて主宰、現在落語教室には70人が、英語落語の方には老若男女30人が通っています。

英語落語と言えば、今は亡き二代目、桂枝雀がその世界を切り開いた事で有名ですよね。
彼の後と追って、落語のプロだけではなく英語のプロからアプローチもあり、さまざまな人が取り組んでいます。古典落語を始め世界の理解はもちろんのこと、英語力、そして日本語と英語による園芸・パフォーマンスについて見識力が必要とされます。

落語家ではない、須藤さんはこの3つの要素を持ち合わせており、英語のプロとして、文化的な背景が理解出来ないと笑いが取れない点は、さりげない説明を話の中に織り込み外国人に理解させ、工夫しています。

本人が言うには

 「決して、話の流れを止めて説明するのではなく、話し言葉のなかに織り込むようにしていますね。簡単なところではお金の単位で“十両”なんて言っても分からないから、『今の金で言えば、家賃の3カ月分だな』なんて言って分かってもらいます」

との発言も!!

言葉の違い、壁を乗り越え伝えようとするそのエネルギーは、ただならぬ努力の甲斐あっての事だと言えるでしょう。分野はちがえど、それが音楽だったり、アニメだったりと日本から発信されるものは多数存在します。

異国の文化を乗り越える方々のシゴト(趣味)はとても素晴らしいものだと考えてみてはどうでしょうか?
もしかすると、今何気なく考えている事や、知らない間にあなた自身も海外の方へ、何か通じるモノを発信しているのかもしれませんね。

鹿鳴家英楽2

是非、一度近くで公演される時はこの鹿鳴家英楽さんの落語を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ホームページSEO対策のことなら成果報酬制でわかりやすいらくちんSEO